整形外科のご案内

理学療法士とは

◆理学療法士とは
理学療法士はPhysical TherapistPTとも呼ばれています。


怪我や病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の
回復や維持、及び障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用する
もの)などを用いて、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職です。


治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて、医学的・社会的観点から身体能力や生活環境を十分に評価し、それぞれの目的に向けてプログラムを作成します。


理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。
日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指し、関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。


中には専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。

◆理学療法士が目指すもの
理学療法の直接的な目的は運動機能の回復にありますが、ADL(日常生活活動)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上を目指します。


病気、怪我、高齢など何らかの原因で基本動作が不自由になると、ひとりでトイレに行けなくなる、着替えが出来なく
なる、食事が摂れなくなる、外出が出来なくなるなどの不便が生じます。


誰もこれらの動作をひとの手を借りず、行いたいと思うことは自然なことであり、ADLの改善はQOL向上の大切な要素に
なります。

◆理学療法の対象
理学療法の対象は主に運動機能が低下した人々ですが、そうなった原因は問いません。


病気、怪我はもとより、高齢や手術により体力が低下した方々などが含まれます。
最近では運動機能低下が予測される高齢者の予防対策、メタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォー
マンス向上なども含まれます。


スポーツ分野ではスポーツ動作による痛みや怪我などに対し、今後復帰を目指すためのリハビリ動作指導などを行います。

整形外科よりお知らせ

◆問診票◆

整形外科問診票
初めての方は、ご来院時こちらの問診票に前もって記入し持参頂くことにより受付から診察までスムーズに進みます。初診電話予約は行っておりませんので直接お越し下さい。
問診票(整形外科用).pdf
PDFファイル 910.5 KB